The Surgeを1時間程遊んだので簡単なレビュー

環境 GTX1080 SLI i7700k メモリ32GB
SLI非対応ですが、GTX1080で3440×1440の変態解像度で最高設定でも60fps以上出ます。
グラフィックは中々頑張ってるのではないでしょうか。
質感が少し弱い気もしますが。

2017-05-16 (23)

ゲームの内容は巷でも言われている通り、ダークソウルを意識したようなシステムが採用。
しかしダークな世界観ではなく、青空の下でメカメカしい機械を装着した人間が跋扈してます。

2017-05-16 (24)

死亡するとスクラップ(ダークソウルで言うソウル)を落とします。
クラフトや強化に使えるみたいです。
ソウルシリーズとの違いは、落としたスクラップを拾うまでに制限時間があること。
回収前に再度死亡すると失われるのは同じです。

2017-05-16 (30)

戦闘は敵をターゲットして各部位(右腕・左腕・頭)などを選んで攻撃できます。
恐らくこのゲームのキモと思われる部分ですが、部位破壊が可能で破壊した部位の装備を
奪い取る事が出来ます。なんとなく共食いに近いイメージです。

例えば上の写真の敵が持ってる武器、これが欲しかったら腕(武器)を攻撃。
すると、Xボタンでフィニッシュを決める事が出来るので見事成功すると武器を落とします。

元の初期装備が、

2017-05-16 (31)

奪った装備に変わった。

2017-05-16 (32)

この奪い取る快感がたまらなく面白い。
たまにああこのキャラの装備カッコいい欲しいなぁ、と思うものが奪い取れる訳ですからね。
こうしてフィニッシュを決めて素材や装備を集め、スクラップで強化。

ソウルシリーズを意識してるので難易度は高めですが、敵の行動パターンは比較的読みやすいですし、理不尽な配置も感じない。(序盤だけかも)
体力を回復する装置の中に入るとこれまで倒した敵も復活します。
敵のパターンが読みやすいので稼ぎも楽。

難しいけれど死にゲーと言うには大げさな
ソウルシリーズの難度に比べれば優しく、非常にバランスの取れたゲームだと思います。
ただ英語なのでストーリーは分かりませんけどね。

海外での評判が高ければ国内ローカライズも可能性がありますが、
フィニッシュ時のゴア表現が結構きついのでどう規制されるか。
最近、国内のゴア規制も緩くなってきている気もしますが。
AAA作品と言うよりマイナーな部類な作品なので期待は薄いかもしれません。

会社は違いますが去年のThe Technomancerには期待を裏切られましたからね。

久しぶりに良い作品に出会えたと思います。